信用情報の開示をする意味!?

【これからの時代、信用情報のチェックは必須!】

皆さんは自分自身の「信用情報」がどうなっているのかチェックしたことはありますか?

現在、カードローン会社が審査で利用している、指定信用情報機関は以下の2機関です。

㈱日本信用情報機構(JICC
・㈱シー・アイ・シーCIC

そして、これら指定信用情報機関では、いずれも自分自身の「個人信用情報」を取り寄せることができるようになっています。

ひと昔前は、信用情報の開示までする人は、あまりいませんでしたが、個人情報の取扱いの意識が高まった、昨今では、自分の信用情報がどうなっているのか確認するため、情報開示する人が増えてきています。

と言うより、むしろ、これからの時代、カードローンを利用するなら、信用情報の開示はマストなかもしれません!

 

【信用情報を開示する意味!?】

中には、
「自分がどこでいくら借りているかは知っているのに、わざわざ信用情報まで開示する意味はあるの?」
と思われる人もいるかもしれません。

いえいえ、その意味は十分にあります。

①カードローン会社から、どう見られているかがわかる!

カードローンの審査で重要なのは、自分が実際に他社でいくら借入れしているかということではなく、“カードローン会社から、他社借入れがどのように見られているか”ということだからです。

あえて、乱暴な言い方をすれば、信用情報に掲載されていなければ、その借入れがいくらあろうと、どれだけ遅れていようと、こちらからわざわざ申告しなければ、カードローン会社にはわからないということです。

このような観点から情報開示して分析をすれば、カードローンの「必勝法」のようなものが見えてくるかもしれません。

②どうして審査に落ちたか原因分析が出来る!

「カードローンの審査に落ちたけど原因がわからない!」

こういう人って、結構多いんじゃないでしょうか。

審査に落ちた理由は、カードローン会社に聞いても、基本的に教えてもらえません。
信用情報を開示して分析すれば、審査に落ちてしまった原因がわかるようになるかもしれません。

③誤った情報を訂正させる!

このように、カードローンの審査では重要なウエイトを占める信用情報ですが、実は、皆さんが思っているほど完璧な情報ではありません。

信用情報への登録は、各金融機関やローン会社に委ねられているので、時には、間違った登録がされていることもあります。

例えば、自己破産をして免責確定した場合、本来、カードローン会社は完済情報を信用情報機関に報告しなければならないのに、完済情報が出ていないため、「長期延滞」という状態のまま残高が残ってしまっていることはよくあります。
参考記事:【こんな誤解が生じる可能性も】

もし、開示した情報に誤りがあれば、信用情報機関に調査依頼をして、業者に訂正させることが可能です。

カードローン会社は、否決理由を公表することはないので、正確に分析は出来ませんが、私の経験上、誤った情報が原因で否決になったと思われる人は、実は、結構います。

 

【カードローン目的ならJICCだけで充分】

前述したように、カードローン会社が利用している指定信用情報機関は、JICCとCICの2機関あります。

もちろん、JICCもCICも両機関に開示をすれば、より正確な情報を得ることができますが、そこまでしなくても、カードローンの利用目的で開示をするのであれば、JICCだけで充分だと思います。

もともと、JICCはキャッシング向け、CICはクレジットカードやショッピングクレジット向けの情報機関ということもあって、実際のカードローン会社の審査では、JICC情報が重宝されているからです。

 

ライターから一言
JICC情報の開示については、
・スマートフォン
・郵送
・窓口
で手続きが可能になっています。詳細は「JICCの公式ホームページ」で確認して下さい。

投稿者プロフィール

ShibataMasaru
ShibataMasaru金融専門記者
自らもかつて貸金業に従事。現在は金融情報専門のライターとして精力的に情報の収集及び当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)