CICとJICCの事故情報登録期間の違い

【JICCとCICでは登録期間が異なる】

信用情報機関に、延滞や自己破産などのいわゆる「事故情報」がいつまで掲載されるのか気になる人は多いと思います。
当サイトにもこのような質問は、複数寄せられています。

キャッシング審査で最も利用されている、JICCの事故情報の登録期間については、既に、こちらの記事で詳しく解説させて頂きました。
JICC情報を徹底解説(その②「事故情報」について

但し、厳密に言うと、JICC情報の登録期間だけ熟知していても不十分です。

貸金業法に基づく、もうひとつの指定信用情報機関に、(株)シー・アイ・シー(CIC)がありますが、実は、JICCとCICでは、事故情報の登録期間が、異なっています。

このため、CIC情報の登録期間についても理解しておいた方が良いでしょう。

 

ライターから一言
JICCよりもCICの方が、事故情報の登録期間が長くなってしまうことがあるので要注意です。
CICに抹消依頼をするのも手です。
詳しくは記事をどうぞ。

※追記:2019年10月からは、JICCでは、このような登録期間の違いが解消されるようになります。例えば、CICと登録期間を合わせるために、「延滞解消」は、契約終了後5年間登録されることになります。

 

【CICの延滞事故の登録期間】

JICCの場合、入金予定日より3カ月以上入金されなかったものは、「延滞」という異動情報が発生します。その後、延滞が解消されれば、「延滞解消」いう情報に変化します。

そして「延滞解消」が発生してから1年経過すれば、一連の延滞に関する情報は抹消されることになります。

CICの場合は、入金予定日より61日以上または3カ月以上入金がなければ、「異動」という情報が発生します。(ここまではJICCとほぼ一緒です。)

しかし、この「異動」が抹消されるのは、5年の期間を要することになります。

さらに、この5年間の起算日はどこからかというのは、各金融機関によって解釈が異なっています。

例えば、
・延滞が解消してから5年間
・契約終了してから5年間

どちらの解釈でも、CICの規約上は、問題ないことになっているのです。

契約終了してから5年間登録されるということは、事故発生時から考えれば、かなり長い年月、登録され続けることになります。

※追記:2019年10月より、JICCでは、CICと登録期間を合わせるために、「延滞解消」は、契約終了後5年間登録されることになります。

 

【CICの自己破産、債務整理の登録期間】

自己破産、債務整理についても同様です。

JICCの場合は、情報の発生日から5年ですが、CICの場合は、延滞と同じく、起算日に関しては各社の解釈が異なっています。
最長で考えれば、契約終了後5年間ということになります。

 

【JICCにも影響】

では、たとえ、CIC情報が抹消されていなくても、JICC情報が抹消されていれば、JICCにだけ加盟している消費者金融には、わからないかと言えばそうではありません。

JICCとCICは、貸金業に関する残高情報などの交流を行っています。(FINE)

このため、CICに「異動」が登録されていれば、おのずとJICCでも判明してしまいます。

 

【登録状況を把握するには】

このように、各社の登録期間の解釈が異なる以上、登録状況を正確に把握するには、自分自身の信用情報を開示するしかありません。
(開示方法については、各信用情報機関の公式ホームページを確認下さい。)

(株)日本信用情報機構(JICC)
(株)シー・アイ・シー(CIC)

また、JICC情報が既に抹消されている場合、CIC情報の抹消依頼をしてみるのも方法です。
情報を掲載している、金融機関が承諾すれば、事故情報を抹消してもらうことも可能です。

※追記:2019年10月からは、JICCでは、このような登録期間の違いが解消されるようになります。例えば、CICと登録期間を合わせるために、「延滞解消」は、契約終了後5年間登録されることになります。

投稿者プロフィール

ShibataMasaru
ShibataMasaru金融専門記者
自らもかつて貸金業に従事。その経験を活かして現在は金融情報専門のライターとして精力的に活動中。幅広い人脈を活用した情報取集力には定評がある。
当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

24 件のコメントがあります。

“CICとJICCの事故情報登録期間の違い”

  1. 法人契約の分割金なし携帯代金支払い未納期間4ヶ月の場合はどのような事になりますでしょうか。現在支払い済み。

    1. 携帯電話の契約に限らずCICでは法人情報の登録はありません。
      但し、連帯保証人になっているのであれば、保証人としてCICに登録されているはずです。

      保証人情報も、入金予定日より61日以上または3カ月以上入金がなければ、「異動」という情報が発生します。
      そして、一旦「異動」が発生すると、抹消されるのは、5年の期間を要することになります。

  2. cic(旧姓・現姓)jicc(現姓のみ)開示しました
    Jiccも旧姓の開示もしたかったのですが、
    必要書類がなく開示不可でした

    過去にアイフル、アコムの借入があり
    cicには旧姓・現姓両方 アコムア
    イフルでの
    情報が出てきましたが
    異動の記載はなかったです

    Jicc(現姓のみ開示)は該当情報が
    見つかりませんでした、と出てきましたが
    旧姓で開示したらアイフルアコムの情報が
    出てくるのでしょうか?
    因みにアコムアイフルを利用したのは結婚前です

    cicで異動の記載がなければブラックには
    なってないと何処かで見たのですが
    Jiccではブラックになっていることは
    ありますか?
    消費者金融系はJicc開示と他サイトで
    見たので気になりました

    宜しければ教えて頂きたいです

    1. はじめまして。
      本文にも記載しましたが、2019年6月現在の段階では、いわゆる「ブラック情報」の登録期間は、JICCよりCICの方が長く登録されることになっています。
      CICで、現姓、旧姓共に異動情報が登録されていないのであれば、JICCの旧姓に事故情報が登録されているということはないので安心して頂いて良いと思います。

  3. 銀行カードローンを借りているのですが、保証会社がいて、もし延滞や事故を起こした場合はCICに残積以外の情報も登録されるのでしょうか?それともKBAだけの情報になるのでしょうか?

    1. はじめまして。
      銀行カードローンは消費者金融が保証会社になっていることがほとんどです。この場合KSCの銀行情報だけでなく、JICC、CICにも保証契約として登録されます。もちろん延滞や事故情報もJICC、CICに登録されることになります。つまり全ての信用情報機関に登録されるということです。

  4. ありがとうございます!
    ということは、銀行カードローンを借りていて保証会社がある場合、KSCを開示しなくてもCICかJICCさえ開示すれば信用情報は全てわかる認識でも宜しいのでしょうか?

    1. (遊さんへの返信です。)はい。そういう理解で大丈夫ですよ。
      また、「延滞事故」が発生するほど遅れた場合、通常、保証会社が保証履行するので、債権は保証会社に移ります。
      そうなるとKSCの銀行の情報は「代位弁済」で完済することになりますが、JICCとCICの保証会社の情報は、「保証履行債権」として残ったままになります。

  5. すみません。まだ一部入金の際も延滞が表示される認識で宜しいのでしょうか?
    お手数かけてしまい、申し訳ございません。
    よろしくお願い致します!

    1. (匿名さんへの返信です。)一部入金の場合ですが、返済額がその日までの利息以上かどうかで変わってきます。
      その日までの利息に満たない金額を返済しても次回日付を更新しないカードローン会社がほとんどです。そのため「延滞」という認識になります。
      利息以上の入金があればJICCでは延滞したことにはなりませんし、CICでは「一部入金」という表示になります。

  6. CIC情報で異動情報がクリーンになっているがJICCに注意情報として記載があり異動情報が残ってしまっており、住宅ローンが組めない状態です。
    CIC情報とJICCの情報が違います。
    JICCの情報を指定の金融機関に削除依頼をしましたが、返済条件変更となっているため消すことができないといわれています。CICに掲載されていない情報なのにJICCに掲載が消えないことは、あるのでしょうか?それとも強く指定機関と話をした方がいいのか。わかりません。
    ご教授いただきたくコメントいたしました。
    よろしくお願いします。

    1. はじめまして。
      質問者さんの状況をまとめると、
      ①CICに異動情報は登録されていない。
      ②JICCに「返済条件変更」の注意情報が残ったままになっている。
      ③業者に取り消しを依頼したが断られた。
      ということですね。
      「返済条件変更」の注意情報が登録されているということは債務整理などで業者と和解したのでしょうか。
      普通は、CICの事故情報の方がJICCよりも長く掲載されるはずですが・・。
      様々なケースが想定されるので、正直、これだけの情報では、明言しづらいというのが本音です。
      但し、いずれにしても、業者が、JICCを経由して取り消しを拒否してきたということは、単なる更新漏れということではなく、登録するだけの根拠があるということでしょう。
      そうなった場合、「返済条件変更」の注意情報は、「発生日から5年」登録されるので、そこまで待つ以外には方法はありません。

  7. 割賦代金です。,CICに元本遅延と記載あります。消滅時効援用することと完済するとのではカード発行で有利不利はありますか?

    1. 質問の回答ですが、現在、「異動情報」が登録されているかどうかによります。
      CICの登録期間を整理すると以下のようになります。
      ・時効援用・・「貸倒」が5年間登録される。
      ・完済・・完済情報が5年間登録される。
      ・異動情報・・契約終了後5年間登録される。

      このため、もし「異動情報」が発生していれば、完済しても時効援用しても5年間は事故情報が登録されたままになりますが、「異動情報」が発生していなければ、完済した方がその後の影響は少ないと考えられます。

  8. お礼が遅くなりまして申し訳ありません。
    返済条件変更の件で質問をさせて頂いたものです。
    発生日とは、JICCの注意情報欄に記載されている12月ということでしょうか?

    1. はい。
      JICCの注意情報欄に記載されている日付から5年経過で抹消されるという理解で大丈夫です。

    1. ご丁寧にありがとうございます。
      また機会がありましたらご質問ください。
      わかる範囲ではありますが回答させて頂きます。

  9. 住宅ローンの事前審査を控えており、色々心配で検索してこちらに辿り着きました。

    4年ほど前、三井住友VISAの返済が何度か遅れ(1週間程度の遅れを数回)、カードが更新できず強制解約(?)になりました。
    少額のリボ払いにしていたので、解約後も支払いは続いております。(残額5万程)
    その他2枚カード所有しておりますが、そちらは遅れなどなく更新もされています。
    住宅購入を考え、上記が不安だったのでCIC、KSCを開示しましたが異動情報などはありませんでした。
    それで安心していたのですが、JICCでは「強制解約」という文言が載ると知り……
    CIC・KSCで異動などなく綺麗な状態でも、JICCで「強制解約」と記載されていることはあるのでしょうか?

    1. JICCにはファイルDに「カード強制解約」という参考情報、ファイルMに「強制解約」という注意情報があります。
      そしてこのいずれも「発生日から5年を超えない期間」登録が残ることになっています。
      (尚、この登録期間は、2019年10月1日以降の契約分からは「契約終了日から5年間」に延長されることが決まっています。)

      そのためもし、JICCに「カード強制解約」や「強制解約」が登録されていたら4年前のことであれば登録は残ったままのはずです。

      但し、1週間程度の遅れが数回であれば、カードが更新できなかっただけでいわゆる「強制解約」にはなっていない可能性もあります。
      一度、JICCに開示して確認しておくことをおすすめします。

  10. ご返信ありがとうございます!

    強制解約がどのようなものかわかりませんが、三〇住友VISAは更新時に「更新見送り」という内容の通知が来て、クレジットとキャッシュカードが一体になっているものだったのでキャッシュカード機能のみのカードが送られてきたと記憶しています。
    その後も残額の支払いは行っており、延滞などはないのでCICでは$マークのみで、「異動」「延滞解消」等の記載は一切なし。
    「貸金業法の登録内容」という箇所の「終了状況」という項目に【完了】とだけ記載があります。
    そのような状況でも、JICCで注意情報が載っている可能性が高いのでしょうか?

    消費者金融を利用したことがないので、CIC+念のためでKSCの開示で問題ないと思っておりましたところ、JICCの注意情報の件をネットで知り不安になりました。

    JICCを確認すれば早いのですが、日数的に事前審査に間に合わないので……。

    住宅ローンは色々な条件を見られるので個信がすべてではないと思いますが、心構えだけはしておきたいので、わかる範囲でお教えいただけますと幸いです。

    1. これはあくまで私の私見ですが、これまでの質問者さんの状況説明を聞いている限り、JICCに「強制解約」は登録されていないと考えられるので、この件はそこまで心配しなくてもよいかと思います。

      なかなか断言しにくいのは、JICCには、どういう場合に「強制解約」を登録するという明確な定義はなく、「強制解約」を登録するかどうかはあくまでローン会社の判断に委ねられているからです。

      そしてどのような時に「強制解約」となるのかは顧客とローン会社との規約で取り決められているはずですが、規約は、
      「1日でも返済が遅れた場合」
      「信用が悪化したと認められる場合」
      など、ローン会社の判断でいつでも強制解約出来るように作られているのが普通です。

      但し、実際の運用としては、1週間程度の延滞が数回あった程度で「強制解約」を登録するとは考えにくく、延滞を原因として強制解約するのであれば、「3カ月以上入金がない」など長期延滞の場合がほとんどです。
      質問者さんの場合、既に開示されたCIC情報で「異動」も掲載されていないということなので、まず問題ないはずです。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)