カードローンに、借りやすい時期、借りにくい時期はあるか!?

カードローンに借りやすい時期、借りにくい時期なんてあるのでしょうか?

ネット上には、「〇月が借りやすい」など様々に言われることがありますが、本当にそうなのでしょうか。

カードローン会社のデータを通年で確認していると、「シーズナルパターン」というようなものが見えてくることがあります。

今回は、大手アコムのデータをもとに、「カードローンの借りやすい時期」を分析してみました。

是非、ご一読あれ。

 

ライターから一言
より、正確性の高い情報を得るには、自ら資料を確認するのが、一番確実です。
幸い、大手は、決算データなどは公式HPで公表しています。

 

【大手アコムの資料で検証】

アコムの「2018年3月期 決算プレゼンテーション」の中に、カードローン会社のシーズナルパターンを理解するのにちょうど良い参考資料があるので、まずはこれをご覧頂きます。

 

 

これは、過去の決算データなどの、「新規申込件数」と「新規貸付率」に訂正があり、それを報告したものですが、「新規申込件数」と「新規貸付率」がグラフ化されていて非常に見やすくなっています。

細かな数値の羅列をしても、今一つピンとこないと思いますが、グラフ化することで、視覚的にシーズナルパターンが見えてくると思います。

 

① 繫忙期は承認率も上がり、閑散期は下がる!?

まず、一見してわかるのが、申込み件数が多い時期は、承認率も高くなっているということです。

具体的には、
春・・3月、5月
秋・・9月、10月、11月
は、申込み件数が多い繫忙期であり、それに伴い承認率も上がっているということです。

逆に、
冬・・12月、1月
は、申込み件数が減少する、閑散期であり、それに伴い承認率も下がってきています。

当サイトでは、かつて、SMBCコンシューマーファイナンスのデータを参考に、繁忙期と承認率の関係について調査したこともあります。

(参考記事:カードローンの繁忙期は借入れしやすいか

その時は、シーズナルパターンというほどの法則性は見出すことが出来ませんでした。

しかし、今回、アコムのデータでは、法則性が如実に表れているので、レポートしておきます。

 

② 4月はなぜか申込みも承認率も下がる

春の繁忙期は、なぜか、
3月に増加
4月に減少
5月にはまた増加
というグラフがデコボコとなる特殊なパターンです。

4月に一時、申込みも承認率も下がる理由は、正直、よくわかりませんが、これは、SMBCコンシューマーファイナンスでも表れたパターンなので、業界共通のパターンなのでしょう。

 

【アコムでは、シーズナルパターンが表れた!】

あくまで、アコムのデータからのパターンですが、
〇借りやすい時期=承認率が高い時期
〇借りにくい時期=承認率が低い時期

と定義すると、おすすめの時期は、

春・・3月、5月

秋・・9月、10月、11月

の繁忙期という結果になりました。

しかし、過去、SMBCコンシューマーファイナンスを調査した際は、ここまで露骨にパターンは表れなかったので、あくまで参考程度で、あまり気にしすぎる必要はないでしょう。

投稿者プロフィール

ShibataMasaru
ShibataMasaru金融専門記者
自らもかつて貸金業に従事。現在は金融情報専門のライターとして精力的に情報の収集及び当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

カードローンに、借りやすい時期、借りにくい時期はあるか!? に1件のコメントがあります。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)