カードローンに口座振替という選択

カードローンの返済方法には、提携ATM、専用ATM、振込み、店頭など様々な方法がありますが、「口座振替」という手段もあることはご存知でしょうか。
口座振替とは、あらかじめ指定した銀行口座などから、返済日に自動的に定額が引き落としされる仕組みのことで、ショッピングローンの返済方法としては一般的です。
しかし、カードローンの返済においてはなぜかあまり認知されておらず、その利用者は少数に留まっています。
今回は、カードローンにおける口座振替について、そのメリット、デメリットを中心にまとめてみました。

ライターから一言
返済方法は、自分の生活スタイルに合った方法を選択すればよいと思います。
口座振替はその選択肢のひとつです。

 

【口座振替はカードローンではマイナー】

大手カードローン会社のホームページでは様々なデーターを公表していますが、大手消費者金融A社ではその返済割合が公表されています。

このデーターによると、ほとんどの顧客がATMか振込みで返済を行っており、口座振替など他の方法を選択している人は、全体の1%にも満たないことがわかります。
このように、カードローンの返済において、口座振替を選択する人はかなり少数派です。
やはり、自由に入金、出金を繰り返すカードローンには、毎月、定額を引き落とす口座振替での返済は、相性が悪いと感じる人が多いのかもしれません。

 

【口座振替のメリット】

口座振替を選択するメリットとしては、以下のようなことがあげられます。

①返済漏れがなくなる

毎月自動引き落としされるので、うっかり返済を忘れていたといことを防げる。

②振込みに出向く手間を省ける

ATM、銀行、店頭にわざわざ出向かなくてもよくなる。

③手数料がかからない

現在、口座振替が利用できる大手のほとんどは、振替手数料を無料としています。手数料代金を節約できます。

④手続きはネットで簡単

かつて口座振替は口座振替依頼書に指定の金融機関を記入し、銀行印を押印して、返送するなど手間がかかっていましたが、いまどきは、ネットから、キャッシュカードや通帳情報を入力すれば、登録が完了します。

 

【口座振替のデメリット】

①振替結果がリアルタイムで判明しない

口座振替は収納代行会社を通して行われることが多く、引き落としの結果がカードローン会社で判明するのにタイムラグがあります。(カードローン会社によって異なりますが、3営業日後くらいになります。)
その間はカードローン会社でも正確な残高確認が出来ません。
このため、残高確認や追加出金などは、口座振替結果確認前の残高が基準となり、今回の引き落としによって、空いた限度枠内の利用は、引き落とし結果が判明するまで利用できません。

②他の項目で引き落とされてしまうこともある

通常、口座振替はカードローン以外の利用も多く、公共料金やショッピングローンなど複数の項目での引き落としがあります。
いちいちその項目ごとに口座を分けている人は少ないので、うっかりすると、カードローンの返済のため口座に入金しておいたお金が、別項目で引き落としがかかってしまうこともあり得ます。
口座振替は、原則、銀行などに請求データが届いた順で実施されるので、入金の優先順位を、利用者で決めにくくなっています。(引き落としを後回しにしたい項目については、口座振替停止を銀行に依頼して、一旦、引き落としを止めることは可能です。)

③引き落とし額は最低分割金

カードローン会社で口座振替を選択すると、原則、決まった日に、最低分割金しか引き落としされません。多めに支払いをしたい時などは、別の方法での入金が必要になります。
通常、カードローンの最低分割金は、顧客負担を軽減する目的と、残高の目減りを抑制する目的を兼ねて、低めに設定してあることが多く、最低分割金の入金だけでは、なかなか残高は減っていきません。

④銀行通帳に履歴が残る

銀行口座から引き落としされる都合上、引き落としされた履歴は残ります。
中にはカードローンからの引き落とし履歴が残るのが嫌な人もいると思います。
しかし、カードローン会社の社名でなく、収納代行会社名で引き落としされることも多くあるので、気になる場合は確認すると良いでしょう。

 

【他の返済方法と合わせて利用】

このように、口座振替には、メリット、デメリットがあります。
このメリット、デメリットをよく理解して、条件が合う方が利用すれば、やはり便利な手段であることは間違いありません。
また、そのデメリットを補い、賢く利用するためには、返済方法を口座振替だけに絞るのではなく、ATMや振込み等、他の返済方法と合わせて利用することをおすすめします。

投稿者プロフィール

ShibataMasaru
ShibataMasaru金融専門記者
自らもかつて貸金業に従事。現在は金融情報専門のライターとして精力的に情報の収集及び当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)