気がつかないうちに信用情報が「ブラック」になっていることも!?

自分自身で「延滞」しているという自覚がないまま、信用情報に、いわゆる「事故情報」が掲載されてしまっている人は、実は、かなり多くいることはご存知でしたか。

身に覚えがないのに、最近、ローンの審査に立て続けに落ちた!なんて方はご用心です。

はたして、どうして、そんなことが起こってしまうのでしょうか。

 

ライターから一言
こちらの関連記事もあわせて読むと理解が深まると思います。
ショッピングローンと信用情報
ショッピングの延滞も侮ってはいけません

 

【ショッピングローンには要注意!】

「延滞」している自覚がないということは、カードローンではあまり考えられないことです。
“現金を借りている”という印象はある意味、強烈に残るからです。

しかし、ショッピングローンについては、今月、何を購入したお金が引き落とされるのか、正解に把握していない人が多いのではないでしょうか。

そもそも、「借金」という意識すら持っていない人がほとんどです。

そう、ついつい、自覚なく延滞してしまうのは、「ショッピングローン」なんです。

 

【ついショッピングローンが延滞してしまう原因】

※口座振替の登録が上手く出来ていない

つい、ショッピングローンの延滞が続いてしまう原因のひとつに、「口座振替」が上手く登録出来ていないということがあげられます。
口座振替は、カードローンではあまりなじみがありませんが、ショッピングクレジットでは一般的です。

口座振替は、毎月、決まった日に、指定口座から引き落としで返済する方法ですが、当然ながら、口座に引き落としされる分の現金が入っていなければ、引き落としは上手く完了しません。

また、口座引き落としをするには、「預金口座振替依頼書」に、銀行名、支店名を記入し、届出銀行印を押印して提出する必要があります。(大手信販会社では、ネットで口座登録が完結して、銀行印が不要な方法もあります。)

しかし、届出銀行印を間違えたり、不鮮明であったりなど、口座振替の準備が整う前に返済日が来てしまう人もいます。

このように、引き落とし口座の登録が上手くできず、結果、返済が滞ってしまっている人は、一定数発生します。

※ショッピングローンでは督促はあまり厳しくない

引き落としが上手く出来なかった場合、信販会社からは、メール、電話、書面など様々な手段で連絡が入るはずですが、
・企業から届いたメールを読まない。
・知らない番号からの電話には出ない。
・自宅に届いた郵便物をついつい、開封せずに放置してしまう。

なんて人はいませんか。

また、一般的にショッピングローンの督促はキャッシングに比べて、厳しくないと言われています。

その緩さに甘えて、大した理由もなく、数カ月間も返済を遅らせてしまっている人も結構います。

 

【CICに異動情報が発生する経緯】

信販会社が利用している指定信用情報機関は、㈱シー・アイ・シー(CIC)です。
CICでは、入金予定日より61日以上または3カ月以上入金がなければ、信用情報に「異動」という事故情報が掲載されることになります。
口座登録の煩わしさや、督促の緩さに、ついつい甘えていると、61日なんて、あっという間に経過してしまいます。

その期間が経過すれば、信販会社は、顧客に告知なく、事務的に、CICに「異動」情報を報告するだけです。

そして、その報告は絶対に待ってはくれません。

また、一旦、CICに、この「異動」情報が発生すると、例え、延滞が解消しても、抹消されるには、5年もの期間を要することになります。

 

【自覚なきブラックには要注意!】

このように、自分自身では、いわゆる「ブラック」になっている意識がないのに、結果、「ブラック」状態になってしまっている人は、一定数いるようです。

自分が、そのような状態になっているかどうかを知るには、信用情報を開示するしか方法はありません。
(開示方法については、CICの公式HPで確認下さい)

そのような状態になってしまう人は、特に、若い世代の人に多いようなので、ご注意下さい。

投稿者プロフィール

ShibataMasaru
ShibataMasaru金融専門記者
自らもかつて貸金業に従事。現在は金融情報専門のライターとして精力的に情報の収集及び当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。
Yahoo!知恵袋でも、金融関連の回答者として、脅威のベストアンサー率を誇っています。
こちらでの疑問・質問も受付けしているので、是非活用して下さい。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)