即日キャッシングを希望するには

「即日キャッシング」、「即日融資」は、キャッシングの申込みをした当日に融資を受けることが可能なサービスのことを指します。
現在、銀行や大手消費者金融のほとんどはこの即日キャッシングに対応しています。
具体的にはどのようにして、当日の融資が可能となっているのでしょうか。

※追記
2018年1月より銀行カードローンは即日融資を取りやめています。
詳しくはこちらの記事を参照:【銀行カードローン「即日融資」停止の方針】

【様々な即日キャッシング】

①来店での即日融資

申込みをした当日に融資を受けるのに一番確実な方法は、店舗に来店することです。
消費者金融の有人店舗に入店しにくければ、無人店舗で申込みをする方法もあります。
どちらにしても自ら足を運ぶことは必要ですが、審査が可決であれば、その場で、契約書類に記入をして、現金を受け取ることが可能です。

②振込みでの即日融資

融資方法が銀行振込みの場合でも、申込みをした当日に融資を受けるが可能です。
インターネットで申込みを行い、審査が通れば、振込みで融資を受け、契約書類の取り交わしは郵送で行うといった手順です。
但し、銀行振り込みで即日融資を受けるためには、遅くとも当日の14時ごろまでに振込みをしてもらわないと間に合いません。新規申込みをするのであれば、手続きにかかる時間を逆算して、午前中には申込みを完了しておきたいところです。
また、土日祝日はどうしても翌営業日の振込みとなってしまいます。

③インターネットと来店の合わせ技での融資

おすすめなのは、インターネットと来店の合わせ技です。
申込みはインターネットで行い、審査が可決になれば、来店してカードを受け取るという方法です。もちろん来店は無人ブース等でも可能です。
この方法であれば、仕事の休憩時間など空いた時間を利用して申込みしておくことも可能ですし、否決となった場合は、足を運ぶ必要もありません。
銀行や大手消費者金融は、全国の主要都市には無人ブースを設けているところが多いので
生活圏内に来店スポットがある人も多いと思います。

【即日キャッシングのための事前準備】

申込みをした当日に融資を受けたいのであれば、申込みをする側も、事前準備しておいた方が、審査がスムーズにいくので、当日融資の可能性が高まります。
具体的には、以下のようなことに注意しておくと良いでしょう。

①必要書面を用意しておく

出来る限り早めの融資を希望するのであれば、身分証明書や収入証明などは事前に準備しておいた方がよいでしょう。
収入証明は限度額によっては、不要としている業者も多いですが、身分証明書などの本人確認書類はどのキャッシング会社でも必須です。
尚、収入証明は源泉徴収票などが一般的ですが、直近の給料明細2ヵ月分でも賄えます。
ただし、この場合、総量規制判定の年収計算も、給料明細を基にされるので(2カ月分の平均金額×12カ月)、ボーナス加算などがされないことになり、実際の年収より低めに計算されてしまう可能性もあります。

②在籍確認の時間を確保しておく

審査が可決となれば、融資をする前に在籍確認を必要としている会社がほとんどです。
具体的には、自宅固定電話、勤務先電話に直接、電話をかけて所属確認が行われます。
(最近では、自宅固定電話がない人も多く、自宅での在籍確認は、電話がつながるかどうか確認するだけだったり、不要としている会社も多くなってきています。
また、勤務先で在籍確認が行われる際も、直接、本人が電話に出なくても、第三者から、所属確認が取れれば問題ないとしている会社がほとんどです。)
キャッシング利用をする人の中には、家族や職場に内緒の人が多いので、本人の承諾なく勝手に電話をかけることはありませんし、ある程度の時間指定も可能です。
早めの融資を希望するのであれば、職場などで、速やかに在籍確認がとれる準備をしておいた方が良いでしょう。

投稿者プロフィール

ShibataMasaru
ShibataMasaru金融専門記者
自らもかつて貸金業に従事。現在は金融情報専門のライターとして精力的に情報の収集及び当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)