新生銀行「レイク」新規融資3月末で停止の報道について

2017年12月21日の各種報道で、新生銀行が、銀行カードローン「レイク」の新規融資を2018年3月末で取りやめると発表しました。
4月以降は、子会社で、若年層をターゲットにした新たな消費者金融事業を開始するとのことです。

※追記(2018年4月より新たな消費者金融ブランド「レイクALSA」がスタートしました)

新生銀行の工藤英之社長によると、今回のレイクの銀行カードローン事業からの撤退は、「世の中の議論を踏まえた対応」とのことで、近年、過剰融資への批判が高まっていることに対応したのは明らかです。

また工藤社長は、
「レイクは消費者金融ブランドとして確立されており、銀行客にとっては馴染みが薄く抵抗感があった」
「顧客層の拡大という目的は達成できなかった」
とも述べています。

新たな消費者金融事業には、人工知能(AI)などを活用するとのことで、「レイク」のブランド名を使うかどうかはまだ未定とのことです。

また、レイク以外の消費者ローンは、カードローンの「新生銀行スマートカードローンプラス」や、子会社の消費者金融「ノーローン」がありますが、こちらは今後も継続して続けるとのことです。

世間の流れを察知し、早い段階で銀行カードローン事業に見切りをつけて消費者金融事業に軸足を移すのは、流石といったところです。

銀行カードローンへの批判に対しては、各行、今のところ自主規制で対応していますが、

即日融資の取りやめ
銀行版総量規制の導入

など、自主規制を強化したことに反比例で、サービス内容は低下の一途を辿っています。
むしろ現在は、消費者金融事業の方がサービスを向上して勝負しやすくなっているのかもしれません。

※追記(2018年4月より新たな消費者金融ブランド「レイクALSA」がスタートしました)

投稿者プロフィール

MiyakeSeiya
MiyakeSeiya編集者・ライター
主にサイトの編集を担当するが、記事の執筆も行う。某銀行に勤務していたが脱サラ。金融関連の出版社との馴染みが深く、金融業界の知識も豊富。

新生銀行「レイク」新規融資3月末で停止の報道について に1件のコメントがあります。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)