自主ルールで銀行版総量規制が導入

2017年10月19日の日本経済新聞の記事によると、

「三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガ銀行がカードローンの融資額を利用者の年収の2分の1や3分の1までとする自主ルールを導入したことがわかった。」

とのことです。

近年、問題視されている「銀行カードローンの過剰融資問題」に対する自主的取り組みという狙いもあるようです。
また、同様の動きが、秋田銀行や七十七銀行、百五銀行など地方銀行にも広がっており、これに追随する他行も増えてくると予測されます。

この自主的な「銀行版総量規制」については、
①どの種類の負債が含まれるのか
②例外・除外などはあるのか
など、詳しい内容までは、いまのところ当サイトでもわかっていません。
今後、新たな情報が入り次第、お伝えしたいと思います。

これまでにも銀行カードローンは、2018年1月より、新規貸出しにおいて「即日融資」を取りやめる方針にすることも決めており、このような自主規制の波は今後も続いてゆくと思われます。

消費者金融に代わる受け皿として、右肩上がりで融資残高を伸ばしてきたものに、今後、一定の歯止めがかかることは間違いないでしょう。

もちろん過剰融資を是正するという大義があってのことですが、単純に、

「銀行カードローンは、来年度以降は今までよりも借入れしにくくなる」

とも言えるでしょう。

投稿者プロフィール

MiyakeSeiya
MiyakeSeiya編集者・ライター
主にサイトの編集を担当するが、記事の執筆も行う。某銀行に勤務していたが脱サラ。金融関連の出版社との馴染みが深く、金融業界の知識も豊富。

2 件のコメントがあります。

“自主ルールで銀行版総量規制が導入”

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)