銀行カードローンの審査基準はどう変わったか!

ここ最近、銀行カードローンの過剰融資が問題視され、現在、各行は自主規制を強化して対応を図っています。
では、具体的に銀行の審査基準はどう変わったのかご存知でしょうか。

例えば、
・年収証明を取得する基準は?
・融資枠の制限の取り決めは?
などの審査基準に関する情報は、各行、公開していないので、よくわからないという方も多いと思います。

そこで今回は、銀行カードローンの審査が自主規制によってどう変わったのか、また、具体的に、「どのような基準になったのか」を着眼点に調査してみました。
このレポートをチェックすれば、最近の銀行カードローンの審査基準が見えてくると思います。

ライターから一言
自主規制の強化で、銀行カードローンの審査はどう変わったのか、記事を読めばわかります。

※このレポートは、金融庁が2018年1月に公表した「銀行カードローン検査中間とりまとめ」と、月間消費者信用が、2018年2月号で公表した、地銀、第二地銀に実施したアンケート調査を参考資料としました。
尚、金融庁のとりまとめは、残高の多い先を中心に12行選定しているので、
・金融庁データー・・都銀を中心とした大銀行のデーター
・月間消費者信用データー・・地銀、第二地銀のデーター
と大まかに区分けさせて頂きます。

 

【年収証明を取得する基準】

♦50万円超の融資で年収証明取得がスタンダード

この表からも、現在、大銀行、地銀を問わず、約9割の銀行が、50万円を超える融資に対しては、年収証明の取得を求めていることが分かります。
これは、貸金業法(消費者金融)の基準と同じですが、保証会社である消費者金融の意向を踏まえた結果かもしれません。
いずれにしても、「50万円超の融資は年収の提出が必要」というのがスタンダードになっています。
また、地銀や第二地銀の中には、大銀行に比べて年収証明の取得基準が高額であったり、そもそも年収証明の提出が不要な銀行もあるようですが、いずれ大銀行の基準を踏襲してゆく流れにあると思われます。

 

【年収による融資上限】

銀行には、消費者金融の「総量規制」のような、年収額で貸出しを規制する法律はありません。
(消費者金融は原則、年収の3分の1を超える貸出しが制限されています。)

このため、過剰融資が問題視される中、各行は自主規制を強化して対応していますが、具体的な融資上限はどうなっているのでしょうか。

♦大銀行は年収の2分の1が多数

まずは、大銀行、12行のデーターです。

この表からは、大銀行の半数以上は、自行、他行、消費者金融を問わず、いわゆる「カードローン」の貸付けが「年収の2分の1」までと制限を設けていることがわかります。

消費者金融の総量規制は、「年収の3分の1」が基準なので、一見、消費者金融よりも基準が緩いように思われるかもしれませんが、消費者金融の総量規制の対象は、貸金業者からの借入れだけで、銀行からの借入れがいくらあっても、総量規制にはカウントされていないので単純比較は出来ません。
ただ、筆者の感覚では、全てのカードローンの貸付額が年収の2分の1までとしている、大銀行の基準の方が、消費者金融の総量規制よりも、厳しい基準だと思います。

さらに、この年収の2分の1までとしている7行は、テスト的に貸出しを、
・年収の3分の1以下
・年収の3分の1超~2分の1以下
に分類して、1年後の不良債権率の比較したところ、
なんと、年収の2分の1以下とした方が、年収の3分の1以下よりも、不良債権率が低かったという結果になりました。
もちろん不良債権率の低かった銀行は、年収制限以外にも、生活維持費を勘案するなどの取り組みも見られたとのことですが、「全てのカードローンの貸付額が年収の2分の1」という審査基準の精度の高さを証明した結果になりました。

また、他行融資を勘案しない銀行も5行ありましたが、金融庁から改善を促されているので、最終的には、「カードローンの貸付額が年収の2分の1」というあたりに落ち着いてくるように思われます。

 

♦地銀、第二地銀の年収制限は・・

下図は地銀、第二地銀に関してのデーターです。

しかし、このデーターは、どの種類の負債をカウントしているのかが不明確なので、大銀行の結果とは比較は出来ません。
例えば、同じ年収の2分の1という基準でも、自行だけの貸付額なのか、他行も含めた貸付額なのか、消費者金融は含むのか、などによって全然違った内容になってしまいます。

ただ、年収による基準を設けていなかったり、検討中の段階の銀行が、少なからずあることには、やや驚きました。
地銀、第二地銀には、まだまだ、自主規制強化の流れが完全に浸透しきっていない様子も伺えます。

 

【保証会社への審査の依存】

銀行カードローンには、消費者金融などが保証会社となっていることが一般的です。
保証会社については、こちらの記事で詳しく解説しています

保証会社を利用したカードローンの仕組みを簡単に説明すると、
銀行は保証会社である消費者金融に、一定の保証料を支払い、審査は保証会社の消費者金融が実施して、不良債権化したら、消費者金融が代位弁済をして、回収業務を行う。
というスタイルです。

銀行にとっては、保証料を支払うので、利益こそ減りますが、不良債権は消費者金融が代位弁済するので、リスクは全くありません。
また、審査も消費者金融行うので、これまでは、銀行はほぼ受付窓口だけという、完全に保証会社に依存している印象がありました。

しかし、全国銀行協会の「申し合わせ」(2017年3月)以降は、銀行自体も、審査を消費者金融に丸投げするのではなく、積極的に係る方向になってきています。
これは、大銀行、地銀共に、同じ傾向です。

現在は、保証会社の消費者金融の審査後に、銀行独自の審査も実施されるようになってきています。

 

今回は、現在の銀行カードローンの審査基準についてレポートしましたが、審査基準は今後も社会情勢に合わせて、変化してゆくものと思われます。
当サイトでは、この辺りの動きに今後も注視して、随時レポートさせて頂く予定です。

投稿者プロフィール

ShibataMasaru
ShibataMasaru金融専門記者
自らもかつて貸金業に従事。現在は金融情報専門のライターとして精力的に情報の収集及び当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

銀行カードローンの審査基準はどう変わったか! に1件のコメントがあります。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)