「フリーローン」は「目的ローン」より金利が高いのはなぜ?

「目的ローン」に比べて、「フリーローン」は金利が高い気がします。 同じ人が同じお金を借りるのに、どうしてですか。

「目的ローン」と「フリーローン」では、その性質が全く異なります。

「目的ローン」とは、資金使途が限定されたローンのことを指します。
・ブライダルローン
・教育ローン
・マイカーローン
・トラベルローン
など様々な種類があり、比較的、高額で長期返済なのが特徴です。
広い意味では、住宅ローンも目的ローンの一種です。

基本的には、融資を受けた後は返済するだけで、限度枠内で繰り返し利用出来る契約形態ではありません。
また、目的が限定されているので、浪費や無駄遣いもありません。
このため、「目的ローン」の利用者は、明確な資金の使い道があり、計画性を持って返済してゆく人が多いと解釈されています。

対して、「フリーローン」は、資金使途が自由なローンで比較的、少額で短期利用が特徴です。
融資を受けた後は、定められた限度枠内で繰り返し利用出来る契約形態がほとんどです。
また、資金使途が自由なので、どうしても浪費や無駄遣いも発生しやすくなります。
このため、「フリーローン」は、遊興費や他社返済などに利用されやすく、計画性に乏しい利用者もいると解釈されています。

このように、キャッシング会社にとっては、「目的ローン」と「フリーローン」では、明らかに、「フリーローン」のリスクが高くなっています。
そのリスクの分、「フリーローン」の金利は高くなっています。
また、「目的ローン」は「フリーローン」よりも高額になることが多いので、その分、金利が安くなっているということも言えるでしょう。

ライターから一言
一般的に「カードローンのキャッシング」と言えば、「フリーローン」のことを指します。

投稿者プロフィール

MiyakeSeiya
MiyakeSeiya編集者・ライター
主にサイトの編集を担当するが、記事の執筆も行う。某銀行に勤務していたが脱サラ。金融関連の出版社との馴染みが深く、金融業界の知識も豊富。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)