子どもにお金を貸さないように手続きをとることはできないのか。

過去に、何度か、息子の借金を立て替えて返済してきました。同じことを何度も繰り返しているので、また借入れをしないか心配です。金融会社にもう貸出しをしないような手続きをとることはできないものでしょうか。

私が消費者金融で勤務していた時もこのような相談はよく受けました。

お気持ちはわかりますが、残念ながら、息子さんへの貸出しを完全に禁止するようにすることはなかなか困難です。
いくら親と言えど、成年後見人や保佐人でもない限り、成人した息子さんの権利を勝手に制限することは出来ないからです。

そのため、このような相談を受けた際は、日本貸金業協会の貸出自粛精度の利用を案内していました。

 

【貸出自粛制度とは】

日本貸金業協会の貸出自粛制度とは、その名のとおり、日本貸金業協会に貸出自粛の依頼を申請するものです。

この制度を利用すると、指定信用情報機関である、㈱日本信用情報機構(JICC)や、㈱シー・アイ・シーCIC)に、そのことが5年間、掲載されることになり、各金融機関が貸出を自粛するようになります。

但し、この制度は、本人が自分自身で申し出るのが原則で、親族が申し出るには、本人が、借金が原因で所在不明になっている場合などの限られてしまいます。
このため、息子さん自身に申し出をさせることになると思います。

また、一旦、自粛依頼を出しても、自粛を撤回・取消しすることも可能なので、完全に貸出しを禁止することは出来ません。

このように限定された手続きではありますが、登録は無料ですし、一定の抑制にはなると思います。
詳しくは、日本貸金業協会のHPを参照下さい。

 

ライターから一言
現在、息子さんの借金が本当に全部終わっているのか、指定信用情報機関に開示請求をさせて調査しておくことも合わせておすすめします。
情報開示の方法は、各情報機関の公式HPで確認下さい。

㈱日本信用情報機構(JICC)

㈱シー・アイ・シー(CIC)

投稿者プロフィール

ShibataMasaru
ShibataMasaru金融専門記者
自らもかつて貸金業に従事。現在は金融情報専門のライターとして精力的に情報の収集及び当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)