CICとJICCの事故情報登録期間の違い

【JICCとCICでは登録期間が異なる】

信用情報機関に、延滞や自己破産などのいわゆる「事故情報」がいつまで掲載されるのか気になる人は多いと思います。
当サイトにもこのような質問は、複数寄せられています。

キャッシング審査で最も利用されている、JICCの事故情報の登録期間については、既に、こちらの記事で詳しく解説させて頂きました。
JICC情報を徹底解説(その②「事故情報」について

但し、厳密に言うと、JICC情報の登録期間だけ熟知していても不十分です。

貸金業法に基づく、もうひとつの指定信用情報機関に、(株)シー・アイ・シー(CIC)がありますが、実は、JICCとCICでは、事故情報の登録期間が、異なっています。

このため、CIC情報の登録期間についても理解しておいた方が良いでしょう。

 

ライターから一言
JICCよりもCICの方が、事故情報の登録期間が長くなってしまうことがあるので要注意です。
CICに抹消依頼をするのも手です。
詳しくは記事をどうぞ。

※追記:2019年10月からは、JICCでは、このような登録期間の違いが解消されるようになります。例えば、CICと登録期間を合わせるために、「延滞解消」は、契約終了後5年間登録されることになります。

 

【CICの延滞事故の登録期間】

JICCの場合、入金予定日より3カ月以上入金されなかったものは、「延滞」という異動情報が発生します。その後、延滞が解消されれば、「延滞解消」いう情報に変化します。

そして「延滞解消」が発生してから1年経過すれば、一連の延滞に関する情報は抹消されることになります。

CICの場合は、入金予定日より61日以上または3カ月以上入金がなければ、「異動」という情報が発生します。(ここまではJICCとほぼ一緒です。)

しかし、この「異動」が抹消されるのは、5年の期間を要することになります。

さらに、この5年間の起算日はどこからかというのは、各金融機関によって解釈が異なっています。

例えば、
・延滞が解消してから5年間
・契約終了してから5年間

どちらの解釈でも、CICの規約上は、問題ないことになっているのです。

契約終了してから5年間登録されるということは、事故発生時から考えれば、かなり長い年月、登録され続けることになります。

※追記:2019年10月より、JICCでは、CICと登録期間を合わせるために、「延滞解消」は、契約終了後5年間登録されることになります。(契約日が2019年9月30日以前であれば従来通り)

 

【CICの自己破産、債務整理の登録期間】

自己破産、債務整理についても同様です。

JICCの場合は、情報の発生日から5年ですが、CICの場合は、延滞と同じく、起算日に関しては各社の解釈が異なっています。
最長で考えれば、契約終了後5年間ということになります。

※追記:2019年10月1日より、JICCでは、CICと登録期間を合わせるために、これらの参考情報は、契約終了後5年間登録されることになります。(契約日が2019年9月30日以前であれば従来通り)

 

【JICCにも影響】

では、たとえ、CIC情報が抹消されていなくても、JICC情報が抹消されていれば、JICCにだけ加盟している消費者金融には、わからないかと言えばそうではありません。

JICCとCICは、貸金業に関する残高情報などの交流を行っています。(FINE)

このため、CICに「異動」が登録されていれば、おのずとJICCでも判明してしまいます。

 

【登録状況を把握するには】

このように、各社の登録期間の解釈が異なる以上、登録状況を正確に把握するには、自分自身の信用情報を開示するしかありません。
(開示方法については、各信用情報機関の公式ホームページを確認下さい。)

(株)日本信用情報機構(JICC)
(株)シー・アイ・シー(CIC)

また、JICC情報が既に抹消されている場合、CIC情報の抹消依頼をしてみるのも方法です。
情報を掲載している、金融機関が承諾すれば、事故情報を抹消してもらうことも可能です。

※追記:2019年10月1日より、JICCでは、このような登録期間の違いが解消されるようになります。例えば、CICと登録期間を合わせるために、「延滞解消」や、債権回収、債務整理、破産申立、特定調停、民事再生などの「参考情報」は、契約終了後5年間登録されることになります。(契約日が2019年9月30日以前であれば従来通り)

投稿者プロフィール

ShibataMasaru
ShibataMasaru金融専門記者
自らもかつて貸金業に従事。その経験を活かして現在は金融情報専門のライターとして精力的に活動中。幅広い人脈を活用した情報取集力には定評がある。
当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

76 件のコメントがあります。

“CICとJICCの事故情報登録期間の違い”

  1. はじめまして。
    JICC情報のファイルMの注意情報は、契約日が2019年9月30日以前であれば、発生日から5年で抹消されるはずです。
    (契約日が2019年10月1日以降であれば契約終了後5年間登録されます。)
    その注意情報が抹消されていて、他にファイルDの異動情報も参考情報もなく、現在延滞中でもなければ、JICC情報上では審査に影響するネガティブな情報はないと考えて大丈夫です。

    JICCの事故情報についてはこちらの記事を参考にしてください。
    JICC情報を徹底解説(その②「事故情報」について

  2. ご返信ありがとうございます。
    とても参考になりました。
    CICに異動情報がもともとなく、JICCも注意情報がなくなった場合で、住宅ローン(これから借り入れたい)銀行からの借り入れ(考えられるのは、自動車ローンとかでしょうか?)は、全てない場合は、ネガティブな内容は、ないと考えていいのでしょうか?
    クレカ、カードローン以外借り入れたことがないので、JICCの情報が消えた場合に安心して住宅ローンが組めるのか心配です。

  3. 質問者さんのように、カードローンを借りていたら住宅ローンが組めなくなるのではと心配している人は多いのですが、結論から言えば、仮にカードローンの利用があっても、解約していれば、さほど審査に影響はないようです。
    (実際に過去消費金融を利用していても住宅ローンの審査に通った人を何人も知っています。)

    また、もし解約してから5年以内に住宅ローンを申込みするのであれば、信用情報に「事故情報」がないことはもちろん、そのカードローンを解約するまでの直近2年間に、目だった支払い遅れがないことも重要です。
    尚、カードローンを全て解約してから5年経過すれば、過去借入れがあったという証跡自体が抹消されるので、一番確実です。

    自サイトですが、同じような質問に回答した記事があるので良かったら参考にして下さい。
    (参考記事:消費者金融を利用していると住宅ローンは組めないの?

  4. 質問ですが、私共2013年に会社倒産と自己破産をしましたが、現在まだ住宅ローンとクレジットカードの審査が下りないのですが。どの様な原因でしょうか?

  5. かねこさんに返信です。
    はじめまして。

    まず自己破産した場合の信用情報機関への登録期間は、各信用情報機関によって異なります。

    ●㈱日本信用情報機構(JICC)
    情報発生日から5年間(ちなみに2019年10月1日以降の契約からは契約終了日から5年間に変更になりました。)

    ●㈱シー・アイ・シー(CIC)
    免責確定が報告されてから5年間

    ●一般社団法人全国銀行協会(KSC)
    破産決定日から10年間

    2013年に自己破産したのであれば、免責確定してから5年以上経過しているはずです。
    そのため、JICCとCICからは登録が抹消されている可能性が高いのですが、KSCにはまだ登録されている可能性が大なので、住宅ローンが通らないのはこれが原因かもしれません。

    また、本来、情報が抹消されていなければならいはずの、JICCやCICも更新漏れで、登録が残ったままになっているケースもあるので、一度、各信用情報機関に自分の信用情報を開示して、どのように登録されているのか確認してみることをおすすめします。
    もし、JICCやCICに破産情報が登録されたままであれば、信用情報機関を通して、抹消依頼をすることも可能です。

    あと、いくら信用情報機関から自己破産した情報が抹消されたとしても、自己破産した当時に借入れしていた金融機関や、その関連会社を利用するのは難しいのでご注意ください。

  6. はじめまして。
    1年半程前に楽天カードが強制解約になりました。何度も遅延を繰り返していたのでそれが理由だと思います。
    その後何度かクレジットカードや大手以外の会社で借入の申し込みをしましたが全て通らず、ブラックリストに入っているのだと思っていたのですが、今回CICの方で情報開示をしたところ異動や遅延情報などが書かれていませんでした。これはブラックリストではないという認識で良いのですか?
    これまで審査に通らなかったのはただ単に経済力の問題なのでしょうか?ちなみに申し込み当時はフリーターです。
    それとも入金情報の所に解約される前3ヶ月がPになっている時点でブラックまたはそれに準ずるものという認識なのでしょうか?
    長文すみません。よろしくお願いします。

  7. はじめまして。
    お話を聞いた限りでは、
    ・連続3回P(一部入金)の履歴が残っていること
    ・フリーター(アルバイト)であったこと
    など、複数の要因を考慮して、総合的判断で否決となった可能性があります。

    ちなみに、「異動」などの事故情報はなかったとのことですが、この連続3回P以外に、PやA(未入金)は登録されていないでしょうか。
    もし、それ以後の入金は全て$になっているのであれば、CICでは24回分の入金履歴しか残らないので、1年半前であれば、あと何回かで、連続Pも消えるはずです。(但し、返済が完了してしまっている場合は、5年間は登録されたままです。)
    今後、連続3回Pが抹消されて、定職についていれば希望は持てます。

    ただし、24回の履歴の内、それ以外にもAPが多数あるのであれば、完済して5年間経過しないとカードを作るのは困難かもしれません。

  8. ご返信ありがとうございます。
    連続3回P以外は全て$になっていますが返済が完了してますので後3年半は残ったままということになります。
    この4月から公務員として働くことが決まっているのですがそれでもやはり3年半はカードを作ったり大手から借入をすることは不可能でしょうか?

  9. みおりさんに返信です。
    4月から公務員での採用が決まっているんですね。
    それはおめでとうございます。

    ちょっと下世話な言い方ですが、一般的な「公務員」は金融機関から物凄く好まれます。
    ・収入が安定している
    ・倒産リスクがない
    ・退職金も見込める
    ・離職率が低い
    など、お金を貸す側から見れば、安心材料しかないからです。
    信用情報のネガティブ情報も、CICの完済情報に連続3回Pがあるくらいなので、3年半も待たずに、カードや大手からの借入れは可能になると思います。

  10. 返信ありがとうございます。
    可能と聞きとても安心しました。
    迅速かつ丁寧な対応で助かりました。
    ありがとうございました。

  11. こちらこそ。
    また何かあれば質問して下さい。
    わかる範囲で回答させていただきます。

  12. この記事と少し話題がずれてしまうと思いますが、お答えいただけたらありがたいです。
    4月から地方銀行への内定が決まっています。
    しかし現在、クレジットカードによるリボ払いが70万ほど残っています。一度も支払いが遅延したことなどはないです。
    また、一度だけ、投資のマルチに引っ掛かりそうになり
    一時的に消費者金融で35万ほど借りてすぐ返しました。
    信用情報を確認するとどちらも履歴が残っています。
    内定先への提出書類に個人情報の取得、利用の同意書があり、情報の範囲が債務や資産状況とあり、利用目的が住宅資金融資の審査、共済会融資の審査等となっています。
    リボ払いの残高や消費者金融の使用歴はバレるんでしょうか??また、自分の身元保証人となる人に後日訪問するらしいのですがその時にばらされるようなことはあるのでしょうか??

  13. あーあーさんに返信です。
    はじめまして。

    結論から言えば、いくら金融機関といえども、求人や社員の評定に利用する目的で、信用情報を照会することはできないので、バレることは、まずありません。
    各信用情報機関は、「支払能力・返済能力を調査」以外の目的で信用情報を使用することを禁止してます。
    もし、目的外利用をしたことが判明した場合は、企業には、利用停止や加盟契約解除等の罰則が適用されることになっているので、そこまでのリスクを冒してまで信用情報を照会するとは考えられません。
    (定期的に各信用情報機関に情報開示をして、勝手に自分の信用情報が照会されていないか確認することも可能です。)

    また身元保証人に後日訪問があるとのことですが、仮に、あーあーさんに借金があることを知っていたとしても、その場で勝手に、バラされることもありません。

    同様の質問に回答した記事があるのでこちらも参考にして下さい。
    (参考記事:キャッシングが就職に影響しないか心配です。

  14. 貴重な情報をありがとうございます。
    早速のご質問で恐縮ですが、JICCの異動情報なし、CICの異動情報ありの場合、どのようにすれば、CICの異動情報の抹消依頼ができるのでしょうか。
    現在上場企業勤務の25歳です。昨年結婚し、今年住宅ローンを組んで戸建てを購入する予定でいます。
    学生時代にクレカの長期延滞をしてしまい、信用情報にキズが入っています。
    完済したのが4年前の7月です。
    先日、民間金融機関で審査の厳しい銀行のローン審査は通過したのですが、先天性の病気が原因で団信が否決になり融資を受けられませんでした。
    残る手はフラット35か50で進める予定でおりますが、信用情報のキズが消えてから出ないと審査を申し込むことが厳しいとのことを営業の方から話をお伺いしたためです。
    長々とすみませんが、ご教示いただけますと幸いです?

  15. もりもりさんへ返信です。

    おっしゃるように、かつて、JICCの異動情報(延滞)の登録期間と、CICの異動情報の登録期間は違っていました。
    記事本文にも記してありますが、念のため整理すると以下のようになります。

    ●JICC
    ・入金予定日から3カ月以上入金されないと、「延滞」の異動情報が登録される。
    ・延滞解消すれば、「延滞解消」という異動情報が1年間登録される。

    ●CIC
    ・入金予定日より61日以上または3カ月以上入金がなければ、「異動」という情報が登録される。
    ・延滞が解消しても、「異動」の情報は、契約終了後5年間登録が残る。

    このような、JICCとCICでの登録期間の違いを解消するため、JICCでも、2019年10月1日以降の契約より、「延滞解消」は、契約終了後5年間登録されることになったというわけです。

    もりもりさんの場合、4年前の7月に完済しているので、JICCでは、「延滞解消」後1年以上経過しているので、異動情報は抹消されていますが、CICは、完済後5年経過しなければ異動情報は抹消されないことになっています。
    そして、これを抹消する方法は、期間の経過を待つ他ありません。

    2016年7月に完済しているのであれば、2020年の7月には、5年経過するので、住宅ローンは、それ以降に申込みすることをおすすめします。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)