CICとJICCの事故情報登録期間の違い

【JICCとCICでは登録期間が異なる】

信用情報機関に、延滞や自己破産などのいわゆる「事故情報」がいつまで掲載されるのか気になる人は多いと思います。
当サイトにもこのような質問は、複数寄せられています。

キャッシング審査で最も利用されている、JICCの事故情報の登録期間については、既に、こちらの記事で詳しく解説させて頂きました。
JICC情報を徹底解説(その②「事故情報」について

但し、厳密に言うと、JICC情報の登録期間だけ熟知していても不十分です。

貸金業法に基づく、もうひとつの指定信用情報機関に、(株)シー・アイ・シー(CIC)がありますが、実は、JICCとCICでは、事故情報の登録期間が、異なっています。

このため、CIC情報の登録期間についても理解しておいた方が良いでしょう。

 

ライターから一言
JICCよりもCICの方が、事故情報の登録期間が長くなってしまうことがあるので要注意です。
CICに抹消依頼をするのも手です。
詳しくは記事をどうぞ。

※追記:2019年10月からは、JICCでは、このような登録期間の違いが解消されるようになります。例えば、CICと登録期間を合わせるために、「延滞解消」は、契約終了後5年間登録されることになります。

 

【CICの延滞事故の登録期間】

JICCの場合、入金予定日より3カ月以上入金されなかったものは、「延滞」という異動情報が発生します。その後、延滞が解消されれば、「延滞解消」いう情報に変化します。

そして「延滞解消」が発生してから1年経過すれば、一連の延滞に関する情報は抹消されることになります。

CICの場合は、入金予定日より61日以上または3カ月以上入金がなければ、「異動」という情報が発生します。(ここまではJICCとほぼ一緒です。)

しかし、この「異動」が抹消されるのは、5年の期間を要することになります。

さらに、この5年間の起算日はどこからかというのは、各金融機関によって解釈が異なっています。

例えば、
・延滞が解消してから5年間
・契約終了してから5年間

どちらの解釈でも、CICの規約上は、問題ないことになっているのです。

契約終了してから5年間登録されるということは、事故発生時から考えれば、かなり長い年月、登録され続けることになります。

※追記:2019年10月より、JICCでは、CICと登録期間を合わせるために、「延滞解消」は、契約終了後5年間登録されることになります。(契約日が2019年9月30日以前であれば従来通り)

 

【CICの自己破産、債務整理の登録期間】

自己破産、債務整理についても同様です。

JICCの場合は、情報の発生日から5年ですが、CICの場合は、延滞と同じく、起算日に関しては各社の解釈が異なっています。
最長で考えれば、契約終了後5年間ということになります。

※追記:2019年10月1日より、JICCでは、CICと登録期間を合わせるために、これらの参考情報は、契約終了後5年間登録されることになります。(契約日が2019年9月30日以前であれば従来通り)

 

【JICCにも影響】

では、たとえ、CIC情報が抹消されていなくても、JICC情報が抹消されていれば、JICCにだけ加盟している消費者金融には、わからないかと言えばそうではありません。

JICCとCICは、貸金業に関する残高情報などの交流を行っています。(FINE)

このため、CICに「異動」が登録されていれば、おのずとJICCでも判明してしまいます。

 

【登録状況を把握するには】

このように、各社の登録期間の解釈が異なる以上、登録状況を正確に把握するには、自分自身の信用情報を開示するしかありません。
(開示方法については、各信用情報機関の公式ホームページを確認下さい。)

(株)日本信用情報機構(JICC)
(株)シー・アイ・シー(CIC)

また、JICC情報が既に抹消されている場合、CIC情報の抹消依頼をしてみるのも方法です。
情報を掲載している、金融機関が承諾すれば、事故情報を抹消してもらうことも可能です。

※追記:2019年10月1日より、JICCでは、このような登録期間の違いが解消されるようになります。例えば、CICと登録期間を合わせるために、「延滞解消」や、債権回収、債務整理、破産申立、特定調停、民事再生などの「参考情報」は、契約終了後5年間登録されることになります。(契約日が2019年9月30日以前であれば従来通り)

投稿者プロフィール

ShibataMasaru
ShibataMasaru金融専門記者
自らもかつて貸金業に従事。その経験を活かして現在は金融情報専門のライターとして精力的に活動中。幅広い人脈を活用した情報取集力には定評がある。
当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

76 件のコメントがあります。

“CICとJICCの事故情報登録期間の違い”

  1. ご返事いただきましてありがとうごさいます。
    2021年7月まで待たないと行けないと思っていたため良かったです!
    ぜひ建てたいと思っている土地が8月まで待っていただけることだったので。。
    本当にありがとうございました。

  2. もりもりさんへ返信です。
    ごめんなさい。
    先ほどは、私の記載間違いでした。
    2016年7月に完済で5年経過ということは、やはり2021年7月です。
    念のため、CICに情報開示して、完済日を確認しておくことをおすすめします。

  3. ご返信ありがとうございます。
    そうですよね!
    承知しました。
    開示の上ハウスメーカーの方と相談をしてみます。

  4. 頑張ってください。
    健闘を祈ります。

  5. 初めまして。質問失礼します。
    私は2015年8月に債務整理をしました。
    そして2020年3月に返済がすべて終わりました。その5年の期間、楽天カードだけ審査が通り、持つことが出来ていました。
    支払いも遅れる事なく、限度額も最初は5万でしたが今は50万まで上がってる状態です。最近マイカーが欲しく審査をしたいのですがどれだけ日々の信用を重ねても
    ブラックであれば、やはりローンは通らないでしょうか?よろしくお願いします。
    (CICで異動は確認済みです)

  6. 大門さんに返信です。
    はじめまして。

    大門さんの場合、2020年3月に返済完了したということは、2025年3月まで、CICに異動情報は登録されたままになります。
    ただし、その後、楽天カードでの返済実績もあるので、マイカーローンであれば、比較的柔軟に審査に通る可能性はあると思います。

    また、中古車などであれば、「自社ローン」などを提供している販売会社も多くあります。
    「自社ローン」であれば、信用情報機関への照会はされないので、審査が通る可能性はさらに高まるはずです。

    ちなみに、CICでは異動情報は登録されたままですが、JICCでは、2020年8月で、発生から5年経過で「債務整理」の事故情報は抹消されるはずです。
    そのため、審査に、CICでなく、JICCを利用している金融機関(主に中小消費者金融)の審査は全く問題なくなっているはずです。

  7. はじめまして。早速ですが質問させて頂きます。
    2014年の2月に会社共に自己破産を致しました。
    その後、現在までサラリーマン(正社員)として勤務しております。
    500万くらいの車の購入を考えておりまして、頭金250万、残りをローンと考えております。銀行系は当然無理だと分かっておりますが、ジャックス殿等の会社でローンを組むことは可能でしょうか。もし可能であれば、それはいつ頃になりますでしょうか。ご教授のほど、宜しくお願い致します。

  8. 追伸です。
    2017年から楽天カードを利用させてもらっております。
    遅延等は一切ございません。
    宜しくお願い致します。

  9. 前向太郎さんに返信です。
    はじめまして。

    2014年2月に自己破産したとのことですが、免責確定したのはいつでしょうか。
    通常、免責確定すれば、債権者(金融機関)は、信用情報機関に完済報告を行うことになっています。
    そして、完済後、5年経過していれば、信用情報機関のCIC、JICCからは事故情報は抹消されているはずです。
    その状態であれば、少なくとも過去の自己破産を原因に審査に落ちることはないはずです。

    但し、免責が確定したという通知は、原則、裁判所から債権者には発送されないので、債権者が自ら裁判所に問い合わせをするか、弁護士、司法書士からその旨の通知がこなければ、債権者はそのことを知らないままになってしまいます。
    そのため、本当は免責確定しているのに残高情報が残ったままになってしまっていることはよくあります。
    (参考記事:JICC情報を徹底解説(その②「事故情報」について)

    まずは、CICに自分自身の信用情報を開示請求して、当時の情報が抹消されているかどうか確認してみることをおすすめします。
    もし、抹消されていなければ、CICを通して、金融機関に抹消依頼をすることも可能です。(免責確定から5年以上経過していればです。)

    また、ご指摘の通り、銀行系の信用情報機関のKSCでは、破産などの官報情報は破産手続開始決定等を受けた日から10年間保有されるので、銀行系は当面困難かと思われます。

  10. ご回答ありがとうございます。
    説明が不足しておりました。
    免責確定したのが2014年2月です。
    そして弁護士さんから、債権者様へも通知して頂いております。

  11. 前向太郎さんに返信です。
    そうでしたか。
    免責確定が2014年2月であれば、5年以上経過しているので、信用情報機関から、自己破産当時の情報は抹消されているはずです。
    楽天カードでの返済実績もあるので、審査に通る可能性は十分ありますね。

    但し、前述したように、金融機関の抹消漏れは、よくあるので、念のため、ちゃんと抹消されているかCICを開示して確認しておくと良いですよ。

  12. 以前回答いただいたものです。
    以前の話の延長線になるんですが、銀行に入行後にクレジットカードを作ることになりました。カードを発行するのは、(銀行の名前)カードという連携企業なのですが、信用情報を照会すると思います。その場合配属店舗の上司や人事部の信用情報のことは伝わるのでしょうか??また、発行できないという事態は起こる可能性はあるんでしょうか??

  13. ご回答有難うございました。CICには速やかに動く様に致します。

  14. あーあーさんに返信です。

    こんにちは。
    なるほど。カード発行するのであれば信用情報機関への照会は必ずされます。
    但し、いくら関連企業といえども、信用情報の結果を、配属先の上司や、人事部などに通知することは禁止行為です。
    ひと昔前ならともかく、個人情報の漏洩がこれだけうるさく言われるこのご時世に、銀行がそのようなことをするとは考えにくいです。
    (そんなことをしていたことがバレたら、それこそ大問題です。)

    また、消費者金融は完済しているとのことでしたし、クレジットカードのリボ払いが残っている程度であれば、審査に落ちることもないと思います。
    気にする必要はないと思いますよ。

  15. 返信ありがとうございます。 
    ついでなのでもう一つお聞きします。
    今この時間にクレジットカードのキャッシングリボをして今日中に全額返済する場合、利用履歴は信用情報に上がりますか??

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)