JICC情報を徹底解説(その②「事故情報」について)

現在、国内に信用情報機関は、(株)日本信用情報機構(JICC)、(株)シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センターがありますが、キャッシング審査で最もよく利用されているのはJICCです。

もちろん、CICも貸金業法に基づく指定信用情報機関であり、キャッシング審査に利用することは出来ますが、業界では、キャッシングはJICC、ショッピングはCICを使い分けるというイメージが定着しています。

このようにJICC情報はキャッシング審査で重要視されていますが、JICC情報について熟知している人は、実は業界関係者以外ほとんどいないのではないでしょうか。

そこで当サイトでは、特集として、JICC情報について徹底解説してゆきたいと思います。
JICCについてより詳しく知りたい人は必見です。

 

【事故情報とは】

キャッシングの業界用語ですが、いわゆる「事故情報」という言葉があります。
信用情報機関に、延滞、法的手続き、自己破産などのネガティブ情報が掲載されており、情報が普通の状態ではないことを指します。
もちろん、キャッシング審査では、「事故情報」があった場合、審査が通過しなくなる可能性は高まります。
最近では、過去に自己破産をしていても、現在、支払い能力があると判断されれば、積極的に融資を実施している会社もありますが、現在、他社延滞中という場合は、まず審査は通過しないでしょう。

 

【異動情報と参考情報】

では、「事故情報」にはどのような種類があるのでしょうか。
事故情報は、異動情報と参考情報に大別され、それぞれ以下のような定義になっています。

●異動情報(返済の延滞状況を表す。)

・「延滞」
入金予定日から3カ月以上入金されなかったもの。
・「延滞解消」
「延滞」、「元金延滞」、「利息延滞」のいずれかが登録されていたが延滞状況が解消したもの。
・「元金延滞」
入金予定日から3カ月以上入金されなかったもの。(契約に基づき元金のみが延滞しているもの)
・「利息延滞」
入金予定日から3カ月以上入金されなかったもの。(契約に基づき利息のみが延滞しているもの)

●参考情報(法的手続き等の事由が発生したことを表す。)

・「債権回収」
債権者(貸し手)が法的手続き等をとったもの。(訴訟、支払督促、強瀬執行、等々)
・「債務整理」
債務者(借り手)が債務整理行為をとったもの。(過払い返還のみは除く)
・「破産申立」
債務者(借り手)が裁判所へ自己破産を申立てたもの。
・「特定調停」
債務者(借り手)が裁判所に特定調停を申立てたもの。
・「民事再生」
債務者が裁判所に民事再生手続きを申立てたもの。

この他、参考情報には「保証履行」、「保証契約弁済」、「連帯保証人弁済」、「カード強制解約」、「支払抗弁中」などの事由もあります。
また、異動情報と参考情報は信用情報には並立して発生することもあります。

 

【事故情報の登録期間】

異動情報と参考情報が信用情報に登録される期間は以下のようになっています。

●異動情報

・延滞・・延滞継続中の期間
・延滞解消・・延滞解消の発生日から1年以内
・元本延滞・・延滞継続中の期間
・利息延滞・・延滞継続中の期間

※追記:2019年10月より、JICCでは、CICと登録期間を合わせるために、「延滞解消」は、契約終了後5年間登録されることになります。

●参考情報

・債権回収・・情報の発生日から5年以内
・債務整理・・情報の発生日から5年以内
・破産申立・・情報の発生日から5年以内
・特定調停・・情報の発生日から5年以内
・民事再生・・情報の発生日から5年以内

 

【こんな誤解が生じる可能性も】

このように異動情報と参考情報は登録期間に違いがあります。このため、信用情報に並立して表示されていても、どちらかの情報が先に抹消されているケースもあり得ます。

例えば、「延滞」という異動情報と「破産申立」という参考情報が並立して表示されることがあります。(3カ月以上、延滞が続いた結果、自己破産の申立てがあったということは、実際、よくあるケースです。)

本来、破産申立て後、免責許可決定が確定すれば、債権者はJICCにその債権の完済報告を行うことになっています。

しかし、免責が確定したという通知は、原則、裁判所から債権者には発送されないので、債権者が自ら裁判所に問い合わせをするか、弁護士、司法書士からその旨の通知がこなければ、債権者はそのことを知らないままになってしまいます。

そのため、本当は免責確定しているのに残高情報が残ったままになってしまっていることはよくあることです。

このように免責確定したことを知り得ず、5年経過すれば、「破産申立」という参考情報は抹消されてしまいます。

しかし、「延滞」という異動情報と残高情報も残ったままになるので、一見すると、「長期延滞したまま全く返済がされていないという情報」になってしまいます。

前述したように、自己破産しても免責確定していれば、キャッシングの審査対象になることは有りますが、長期延滞者と判断されてしまった場合は、キャッシング審査はまず通過しません。

その信用情報が、「破産免責」か「延滞」なのかを見極めるのは、審査担当者の感性と経験に委ねるしかありません。
そのため、本来、審査対象者であったのに、運悪く、「延滞]と判断されてしまって、否決となってしまう人も少なからずいるでしょう。

このような誤解による、否決を防止するには、

①自己破産をしていることを申込み時に最初から自己申告する。
②自分自身の信用情報を開示して、誤った情報を修正する。

といった方法しかありません。

心当たりのある人は、注意して下さい。

投稿者プロフィール

ShibataMasaru
ShibataMasaru金融専門記者
自らもかつて貸金業に従事。その経験を活かして現在は金融情報専門のライターとして精力的に活動中。幅広い人脈を活用した情報取集力には定評がある。
当サイトを含め多数のサイトで執筆を担当。

16 件のコメントがあります。

“JICC情報を徹底解説(その②「事故情報」について)”

  1. CICとjiccを情報開示しました。
    過去に債務整理あり、平成27年に
    支払い完了してます。
    CICは携帯電話の支払いのみで過去の債務整理した分は旧住所辿っても、全く情報が出てきません。
    但し、jiccはファイルDの一番はしの異動さ情報に債務整理と記載されてました。日付は平成25年8月5日になってました。
    支払いは27年に2件とも支払い完了になってました。その日付が平成27年11月完財になってました。
    いわゆるブラックは債務整理が消えたらホワイトになるのですか?
    それと、気になるのが、サクラカ-ドという所も債務整理に入ってたので、
    それも、完財してるのですが、全く情報が出てきません。
    半年近く早く完財しました。
    上記の件、お判りになるようでしたら、何かアドバイスお願い致します。

    1. 質問ありがとうございます。早速ですが回答させていただきます。

      JICCの参考情報の「債務整理」が抹消されるのは、情報発生後、5年以内です。
      事故発生日が平成25年8月5日であれば平成30年8月5日には、抹消されるはずです。
      (完済した日ではなく情報発生日が起算日になります)
      債務整理以外の事故情報がないのであれば、あと数ヶ月で、事故情報は全て抹消され、いわゆる「ブラック」の状態ではなく、「ホワイト」になるはずです。

      もし、それ以降もJICC情報に「債務整理」事故が掲載されたままであれば、抹消漏れなので、JICC経由で業者に問い合わせて抹消をさせることが可能です。

      また、さくらカードについては、2016年4月にセディナに吸収合併されたので、その際、信用情報機関は退会していると思われます。
      退会した会員の情報は掲載されなくなります。

  2. はじめまして。
    事故情報についてご相談させていただきます。
    CICとJICCの信用情報を開示したところ、JICCのみ延滞中の情報が出てきました。
    JICCに登録されていた電話番号で再度CICの開示を行いましたが、やはり出てきません。
    この場合、CICには登録が無いと思ってよろしいでしょうか?
    また、免許証の番号が変わっていなくても、当時の電話番号が無いと延滞中の情報は出てこないのでしょうか?
    アイフル2件(1件ライフカード分?)で、延滞平成21年8月となっています。
    お恥ずかしい話しですが、今まで覚えもなく、最近確認してわかったため、今後の対応についてこれから考えなくてはと思っております。
    ご教授、よろしくお願い致します。

    1. けいさん、質問ありがとうございます。
      まず前提として説明しておきたいのは、「貸金業法に関わる貸付」に関しては、JICCとCICでは、情報共有がなされているということです。
      これは2010年6月18日に完全施行された改正貸金業法によって総量規制が導入され、貸金業者は申込者の借入れを正確に把握することが必要となったからです。

      アイフルの事故情報はファイルD登録分でしょうか。
      そうであればその情報はCICにも異動情報として共有されているはずです。
      (どうして質問者さんが開示したのに出てこないのかは、わかりかねますが・・)

      また、CICの開示は、
      ・氏名
      ・生年月日
      ・電話番号(または運転免許証番号)
      の3点が合致したものが開示対象です。
      なので、電話番号が合致していなくても運転免許証番号の合致で開示対象となります。
      但し、運転免許証番号がCICで登録されるようになったのはここ10年ほど前からのことなので、上手く合致しないケースも多いようです。

      尚、今後の対応についてですが、平成21年8月に延滞ということであれば、時効援用出来る可能性が高いと思われます。
      (消費者金融からの借入れは、原則、最終取引日から5年で時効到来を迎えます。)
      当サイトのこちらの記事が参考になると思います。

      ずっと返済していない借入は、いつになったら信用情報から消えるの?

      1. ご回答ありがとうございました。
        今後の対応についてのアドバイスも参考にさせていただきます。
        1点気になるのは、本人の開示請求で出て来ない情報でも、カード会社や金融機関が照会した場合に出て来る事もあるのでしょうか?
        (※登録はあるが、電話番号不一致や、契約日が15年以上前で上手く合致せず、開示しても出てこない場合など)
        こちらが把握出来ないだけで、審査する側は確認できるのか?
        上記の点につきましても、アドバイスいただけると幸いです。

        1. けいさんへの返信です。
          信用情報機関への利用者からの開示は、氏名、生年月日、電話番号(運転免許証番号)が完全合致していないと開示対象となりませんが、金融機関は完全合致しなくても、内2項目が合致すれば類似情報として表示されるので大抵の場合はわかるはずです。
          もちろんこれも完全ではなく、結婚して、苗字も電話番号も変わり、運動免許証でない身分証明書を使って借入れをしたりすると、類似情報でも表示されず、金融機関でもわからないこともあり得ます。

  3. はじめまして。
    JICCに情報開示しました。
    ファイルMに履歴がありました。
    完済しておりますが、情報発生日はどの欄を見ればよろしいでしょうか?
    最新入金日/確認日・契約終了日・確認日と3カ所ございます。
    ご教示くださいませ。
    宜しくお願い致します。

    1. はるさんに返信です.
      ファイルMの「情報発生日」を確認したいとの質問ですが、確認したいのは具体的に何の日付でしょうか。
      ちなみに各情報が発生した年月日の記載欄は以下のようになっています。
      ・契約した日:「契約日」欄に記載
      ・完済した日:「契約終了日」欄に記載
      ・61日以上または3カ月以上の延滞情報発生日:「支払遅延の有無情報」欄に記載
      ・破産申立て、特定調停、民事再生等発生日:「注意情報」欄に記載
      ・この情報がいつの情報なのか:「確認日」欄に記載
      ちなみに既に完済しているとのことですが、完済日より5年間経過すれば、その完済情報は抹消されることになります。

      1. ★ShibataMasaru様
        お返事ありがとうございます。
        ご連絡が遅くなって申し訳ございません。
        確認したい日付は完済した日です。
        お言葉が足りずすみません。
        ご丁寧にありがとうございました。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)