金融庁の銀行カードローン検査が開始

当カテゴリー、【キャッシング最新情報】でも、ここのところ、銀行カードローンの過剰融資問題ばかりを取り扱う結果になっていますが、またまた、続報です。

 

【金融庁の銀行カードローンの検査が始まる】

2017年9月1日、金融庁は、昨今、過剰融資が問題になっている、銀行カードローンの実態を調べるため、立ち入り検査を行うと公表しました。

金融庁では、これまで、ある意味、銀行の自主規制に任していたものを、今回、検査という、より厳格な方法に踏み切ることになった形です。

検査のポイントは次のような内容です。

①過剰融資を防ぐ審査体制が整っているか

②保証会社である消費者金融の審査に依存しすぎていないか

③融資後、顧客に対して平常管理ができているか

④広告内容は配慮に欠けたものではないか

⑤過剰なノルマを従業員に課していないか

9月中にも、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のメガバンクをはじめ、貸付残高の多い地方銀行など、10行ほどが、検査対象となる予定です。

 

【銀行カードローンの残高を毎月公表】

また、全国銀行協会では、過剰融資問題の対応の一環として、会員行のカードローン残高を毎月月末に公表する方針を固めています。
これも早ければ9月末の集計分から開始されます。

投稿者プロフィール

MiyakeSeiya編集者・ライター
主にサイトの編集を担当するが、記事の執筆も行う。某銀行に勤務していたが脱サラ。金融関連の出版社との馴染みが深く、金融業界の知識も豊富。

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。コメントもお待ちしております。

(質問の回答にはお時間をいただく場合がございます。)